非言語メッセージが果たす役割

コミュニケーションにおける、Non Vrebal (非言語メッセージ)が果たす役割について解説します。

levels of communication-n

私たちは会話をするとき、言語によるメッセージの量は30~35%、非言語によるメッセージの量は65~70%だといわれます。つまり、私たちは非言語メッセージから多くの情報を得ているのです。

たとえば、視線からは正直さ、身だしなみからは前向きや真剣さ、態度や姿勢からは誠実さを感じ取ります。

コミュニケーションとは、

  • 口から出る「言葉」そのものと、
  • 「言葉」をのせている声やスピード、イントネーション、トーン
  • 「言葉」を発している人物の服装や態度、姿勢 など
  • 人物の感情

などが絡み合いながら総合的に作用しています。

話し言葉の内容にかかわらず、常に意識すべきNon verbal (非言語)要素を確認しておきましょう。

エレベーター研究会 主宰 美月あきこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です